山形県の歯科医院 やまざき歯科医院 米沢市花沢町 ヤマザワ花沢店前

むし歯の予防

むし歯が発症するのは・プラーク(歯垢)・糖質・歯の質・時間の4つの条件が重なったときです。
したがってむし歯の予防にはむし歯の原因をつくらないこと(リスクコントロール)が大切になります。

むし歯予防のポイント

■飲食回数を少なくする
飲食をするたびに歯垢は酸性に傾きます。間食は好ましくありません。
■甘いものを摂り過ぎない
砂糖以外の甘味料を使用したものを食べるようにしましょう。また、量より回数を減らすことが重要です。
■よく噛んで食べる
唾液の分泌を促進します。よく噛んだときにでる唾液は酸を中性にする力が普段の何十倍も強いといわれています。
■食後すぐに正しいブラッシングをする。
むし歯や歯周病の予防でもっとも重要なのが食後のブラッシングです。
■フッ素で歯の質を強くする。
フッ素は歯の傷や不完全なところに作用し、酸に溶けにくいふるおろアパタイトという物質をつくり歯を強化します。また細菌が作り出す酵素の働きを抑制し酸の分泌を減少させます。
■定期健診を受ける
口腔内が特に問題がなくとも定期検診を受け、むし歯の有無やCOで観察中の歯の経過を見ていくことが大事です。特に乳歯から永久歯が生え揃う頃までのフッ素塗布はかなり効果的です。 

食後の緑茶の効用

お茶に含まれるカテキン、フッ素、フラボノールはむし歯や歯周病、口臭に効果があると言われています。
また食後のお茶は口の中に残っている食べものを洗い流す効果も期待できます。

■カテキン【むし歯、口臭予防】
むし歯の原因になる口腔内細菌の増殖を抑制します。
■フッ素【むし歯予防】
フッ素は歯の傷や不完全なところに作用し、歯を強化します。
■フラボノール【口臭予防】
毛細血管を強化し歯茎からの出血を防ぎます。




キシリトール

キシリトールは、樺や樫などの樹脂からとれるキシラン・ヘミセルロースから作られる天然の甘味料です。
砂糖などの甘味料とは違い、キシリトールは口の中の細菌の栄養源にならず酸をつくりません。
またキシリトールにはごく初期のむし歯を元に戻す効果があることも確認されています。
キシリトール入りのガムやトローチ、歯磨きなども市販されています。

シーラント法

シーラント法は、生えて間もない歯の溝を樹脂でふさぐ、むし歯予防法で奥歯の永久歯の虫歯予防に効果的です。生えたての歯は非常にむし歯に対しての抵抗力がありません。
フッ素入りの樹脂を使用することでさらに予防効果が期待できます。

フッ素塗布法

歯にフッ素を塗布することにより、歯質の強化および歯の再石灰化を促す役割があります。例えば歯の表面が少し白濁しているような歯(むし歯のなりはじめ)に塗布してあげると、むし歯の進行を妨げ、修復(再石灰化)させる力があります。
定期的な塗布が必要です。だいたい年に2回〜3回が効果的です。


やまざき歯科医院
〒992-0012 山形県米沢市花沢町2715-7 ヤマザワ花沢店前
0238-21-6480

Copyright (c) All Rights Reserved.